皮下組織吸引法(吸引法)とは

皮下組織吸引法(吸引法)

治療法

わきの下に数ミリの小さな穴を開き、そこに「カニューレ」と呼ばれる細い管を差し込みアポクリン汗腺やエクリン腺を掻き取りながら吸引する方法です。

ワキガに対して効果があります。(多汗症に対しての効果はほとんどない)

メリットとデメリット

メリット

▶︎傷跡が小さい

デメリット

▶︎効果が低い(効果は5割程度で再発率が高い)

費用

15万〜20万円程のクリニックが多いです。
保険適用の場合3〜5万円が相場です。(保険適用で行っているクリニックはごく一部)

保険適用によるワキガ・多汗症治療は、医師が『治療する必要がある』と判断した場合のみ受けることができます。
ワキガの症状が軽度である場合や、臭いがしてもワキガではなく、体臭や加齢臭などの別の臭いと診断された場合、保険適用にはなりません。