ボツリヌス(ボトックス)注射とは

ボツリヌス(ボトックス)注射

ボツリヌス(ボトックス)注射は多汗症治療で唯一、健康保険の適用が認められている手術です。

多汗症に効果があります。(ワキガに対しての効果は低い)

治療法

ワキの下にボツリヌストキシンを注射することで過剰な発汗を抑える治療法です。

 

メリットとデメリット

メリット

▶︎傷跡が残らない
▶︎費用がやすい

▶︎ダウンタイムがない
▶︎施術時間が短い(10分ほど)

メリット

▶︎効果が一時的(3〜6ヶ月)
▶︎多汗症には効果的だが、ワキガに対しての効果は低い

費用

保険適用による手術の場合、両脇で3万円ほどです。

医師に「重度の原発性腋窩多汗症」と診断された場合のみ保険適用が可能となる

重度の原発性腋窩多汗症の判断目安

  1. 発汗は全く気にならず、日常生活に全く支障がない
  2. 発汗は我慢できるが、日常生活に時々支障がある
  3. 発汗はほとんど我慢できず、日常生活に頻繁に支障がある
  4. 発汗は我慢できず、日常生活に常に支障がある

Hyperhidrosis Disease Severity Scale(HDSS)

③および④に該当する方は「重度の原発性腋窩多汗症」の可能性が高いです。

保険適用外の場合は、両脇で10〜13万円のほどです。